未来日記〜今後、日本はどうなっていくのか?〜

カジノ法案について


ギャンブルでは多くの方々が悪いイメージを持っている事でしょう。
しかし現実問題としてはそのギャンブルの利益こそが社会を活性化させている一つの要因になっています。宝くじ然り、その他、国営の競艇、競輪、競馬等の利益で社会保険のお金にあてがわれている部分もあるのです。
もしギャンブルでの収益がなければもっと国が補償する部分は厳しくなっていくことと容易に想像できますし。
現在進行中で議論が交わされているカジノ法案についても揉めに揉めて前に進んではいません。


ここではわかりやすくカジノに対するメリットデメリットを説明してみます。

 

現在では日本にカジノ建設するかどうかで大変な議論が巻き起こっていますけど、皆さんはどのように感じているでしょうか?
カジノ建設に賛成の人もいれば反対の人もいると思いますが、日本人の大半の方々は「自分ごとではないからどちらでも良い」と言う意見がほとんどだと思います。
直接自分の生活に関わることではないとイメージができてしまうのでどうしてもおろそかにしてしまいがちですが、カジノができることによって日本国内の需要バランスは大きく変化すると想像できます。

 

それには理由があり、まず雇用の問題。被雇用者数の数字が芳しくない日本ではカジノができることによって多くの国民が雇用されるでしょう。
ディーラーから裏方まで数千人、数万人の雇用が見込まれるカジノ運営では、雇用面から考えればとても良いことです。
雇用が増えれば税収も多くなり、国の運営としてもプラス材料となります。
ましてや現在1000兆円を超える借金がある日本では切実な問題でもあります。
正規雇用者数が増えると同時に外国人観光客が増加し、国としての収益は桁違いに上昇するとの算出が出ています。
カジノでの売り上げは他の業種と桁違いに跳ね上がり外貨獲得にとってはこの上ない業種です。
カジノを目的に外国人観光客が日本国内に入り、国内でお金を落とし、なおかつ日本の良い部分を知ってもらって自国に戻った時の口コミとなる…このような相乗効果が見込まれるのではないでしょうか?

 

近くの国で良いモデルとなる国がありますね。皆さん知っての通りそれはマカオです。
中国経済と共に成長したマカオは今ではラスベガスの売り上げを抜き圧倒的に世界ナンバーワンのカジノ国です。
マカオとラスベガスを比較してみても、私が渡航した限りでは、ラスベガスの方が道路整備、セキュリティー、便利さでは上なのですが、立地が悪いのです。
ただ単純に富裕層が多くいる中国からマカオまでの距離が短いと言うだけでマカオに人気があるとの認識をしています。

 

国民性も大きくそこには関わっていて中国人はこの上なくギャンブルが大好き。人生をかけた大勝負を好む国民性がマカオの売り上げに拍車をかけています。
今後中国経済によってマカオの未来は大きく異なるのでしょうが、しばらくの間は安泰と言えるでしょう。

それではここで日本にカジノができた場合どのようなことが想像できるでしょうか?中国の首都北京から2時間で到着できる日本には多くの中国人観光客がカジノの目的で渡航すると思われます。
世界第一位の売り上げを誇るマカオを抜くのも夢ではありません。
夢のあるようなお話ですが、立地条件はそれほど良い場所にあるのがこの日本なのです。ここまではメリットだけのお話をしてきましたかデメリットは何が考えられるでしょうか?

 

デメリットでは??

まずよく耳にすることが「ギャンブル依存症」です。
中毒性のあるギャンブルでは身を滅ぼすまでに個人の財産を使い切ることが容易に想像できます。
元に世界中のどこを見渡してもギャンブルによって身を滅ぼした人は数知れないでしょう。しかし対策は考えることができます。
まずはID制にして、IDで登録した人のみがカジノを利用できると、危険な人物は出入り口で弾くことができ、ストッパーの役割を果たします。
家族からの通告により夫のIDに制限をかけカジノの出入りを防ぐことだって、現在のセキュリティーシステムからすれば簡単なものです。
対策は無限に打つことができ、1番心配な依存症の問題は解決できると思われます。

 

2つ目にセキュリティーの問題です。勝負師たちがお金を失うことになれば、どうにかしてお金を稼ごうと考えるでしょう。
それが犯罪であったとしても…。よって悪質な犯罪が増加することが予想できます。
しかしかつて世界第一のラスベガスでは世界一安全な地域として名を轟かせていますね。
つまり犯罪が多く起こりそうだと予想しているので、その分警備も強化しているのです。ましてや売り上げが多く上がっているならばセキュリティー面にも多くのお金を注ぎ込むことができるでしょう。
このようにどの角度から見ても日本にカジノがあった方がお国のためになるということが言えます。
今後定年を迎え日本では高齢化社会がより一層進んでいきますので減収となって国の運営も大変難しくなっていきます。
そんな時に増収増益が見込めるようなカジノ業態はとても魅力的に思えて仕方がありません。
多くの方々が、カジノ建設に対して自分事のように真摯に受け止め考える必要があります〜だってそれは自分の未来に関わるとても重要なことなんですから…。

 

ライバルとなるパチンコ業界の対応は?

カジノとは交わることのないライバル関係になりそうなパチンコ業界はどのように考えているのでしょうか?
大手パチンコ店ではカジノ業態に参入すべく数年前からクリーンなイメージを根付けようと必死にCMを流しているようですね。
つまりパチンコ側もカジノ業態に参入したいとの思惑が見え隠れしています。
パチンコ業態は3兆円産業と10年前までは呼ばれていましたが、規制等の影響もあり、年々減少の一途を辿っています。
パチスロ必勝法にもあるようにパチンコ・パチスロのプレイヤーの苦悩が見て取れますね。

 

今後もパチンコ店のみならず、その台を制作しているメーカーまでもがカジノ内に設置するスロットの分野に参入しようとする動きが見て取れるでしょう。